マンション売却でおすすめの不動産会社は?選び方ってある?

マンションを売る際には、必ず不動産会社に仲介をお願いして購入してくれる買主を探すことになります。でも不動産屋と言っても沢山ありますし、どの会社に依頼したらいいのか正直わからないと言う人も多いのではないでしょうか?そんな方の為にどのようにして不動産会社を選んでいくのかについて紹介したいと思います。選び方は売主の考え方によっても異なりますので参考にしてもらえればと思います。

マンションを売るなら業者選びが重要!成功するための業者の選び方

①大手か地元密着型か
②不動産会社の得意分野を把握して選ぶ
③一括査定を利用して探す
④1つに絞らずに売却を進める
⑤戦略のある業者を選ぶ

①大手か地元密着型か

売却を依頼する場合、大手に頼むか地元密着型に依頼するかは悩みどころです。大手に頼んだ方が売りやすいなどのイメージがあると思いますが、指定流通機構レインズへ物件の情報を登録するようになってから、物件情報を幅広く流通させることが出来るようになった為大手と中小の会社の違いはほとんどなくなりました。

違いがあるとすれば、大手の方がコンプライアンスが厳しいので、営業活動において一定のクオリティが担保されています。すべての中小がという訳ではありませんが、中には強引な営業マンがいる場合があるので、そういった方を避けたいのであれば大手の方が良いかもしれません。注意→すべてではありません。

地元密着型の場合、大手と違いそのエリアのみで営業してきた強みがあります。どんな人が住んでてどんな人に好まれるのか?また、どのような人が購入してきたのかなど、これまでの蓄積された経験があるので、大手よりも販売力が高いこともあります。

どちらにも良い面はあるので、比較して選ぶ事が重要です。

②不動産会社の得意分野を把握して選ぶ

不動産会社を選ぶのに、大手か地元密着型かも考える必要がありますが、その前にまず確認しなければいけない事は不動産会社の得意分野です。近所の不動産屋を外から確認してみるとわかりますが、店頭に物件資料を掲載しているかと思います。その掲載している内容を確認すると、賃貸物件の情報と売買物件の情報が掲載してあったります。不動産屋は賃貸、売買、管理など会社によって異なる事業をしているんです。

その為、売却するなら、売買を行う不動産会社を選ぶ必要があります。不動産会社の中には賃貸も売買も両方対応している会社がありますが、どちらを主にやっているかは店舗に掲載してある資料の量やホームページなどで確認できるので、両方やっている会社であっても売買をメイン事業としている会社を選ぶ事が大切です。突き詰めると、一戸建て、土地、マンション、が得意、さらに、ファミリー向け、ワンルームが得意などありますので、得意分野を確認した上で所有不動産の場合どこにお願いするのが良いか考えましょう。

③一括査定を利用して探す

マンションの仲介をお願いする会社を選ぶ際は、上述したように大手か地元企業か、得意分野を把握して選ぶのですが、これだけで選ぶのはまだ早いです。必ず複数の不動産会社に査定依頼をしてください。複数の会社に査定依頼して査定額や査定根拠などを確認することでどの会社が良いかを判断できる意味もありますが、複数の会社の査定額を比較することで、マンション売却相場を簡単に把握する事ができますし、どの会社が一番高く売ってくれるのかを調べる事ができます。ある不動産会社は4000万円で他の不動産会社は4200万円だとすると、4200万円の会社に依頼したいと思うはずです。査定価格はバラバラですので、必ず複数の会社に依頼するようにしてください。

ただし、いちいち不動産会社を何社も回るのは正直面倒ですし、時間もかかりますので、インターネットを利用した一括査定の利用が便利です。一括査定を利用すれば、一度物件の情報を入力するだけで、複数の会社に査定依頼をする事ができます。しかも条件に合わせて、最適な業者を選んでくれたりなどできる一括査定サイトもあるので利用をオススメします。

一括査定サイトに登録してある企業は、厳しい審査を通過している優良企業ばかりですし、誰でも知っている大手も地元密着型の企業も登録しているので、両方の会社を選んで査定依頼しておけば、大手と地元を比較することもできます。時間短縮の意味でも無料ですし利用する価値はあります。

また、もし東京、神奈川、千葉、埼玉の1都4県のマンションを売却するなら、ソニー不動産に査定依頼をしておく事をおすすめします。日本の不動産会社はどうしても会社の利益追求を考えてしまう傾向があり、売主の要望を通さないこともありますが、ソニー不動産は売主の希望(高く売る事)を徹底的に追求してくれます。一括査定で複数の会社に査定依頼する事が絶対にして欲しいのですが、その選択肢の中にソニー不動産も入れておくことをオススメします。

④1つに絞らずに売却を進める

不動産会社の選び方を紹介してきましたが、1つに絞らないという方法もあります。実は、不動産会社に仲介を依頼する際には媒介契約を結ぶのですが、契約形態が一般媒介契約、専任媒介契約、専属専任媒介契約の3種類あり、専任媒介と専属専任媒介の場合は1社のみとの契約となりますが、一般媒介契約は複数の会社と契約できるので、もし不動産会社を選び切れないという人は、一旦、一般媒介契約を結んでみるのも一つの方法かと思います。

一般媒介で売却できれば、それはそれで良いですし、複数の会社の対応を同時に見れるので、期間を決めて、どのように動いてくれたかなど対応を見た上で1社に決めるのも良い方法です。

絞り切れない人にはオススメです。

⑤戦略のある業者を選ぶ

もう一つ業者の選び方として重要なのが、戦略のある業者かどうかです。誰でも高く売りたいと思うはずなので、何も戦略がないまま売却をすすめた場合、最終的に値下げして低い価格での売却になる可能性が高くなります。基本はどこ不動産会社もチラシをまいたり、新聞折込、ポータルサイト登録など、営業活動は同じです。どこで差がつくかと言ったら不動産会社(営業担当者)の戦略です。何もしなくても最終的に値下げするば売却できる可能性は高くなりますが、できる事なら高く売りたいとなると戦略が必要です。まず、担当者に自分の物件をどのような戦略で売っていくのかを確認すると良いと思います。不動産会社は査定見積もりを出しているわけですので、その査定額で売れると思って提示しているはずです。

きちんと戦略がある営業マンであれば、このエリアの市場価値、相場、想定しているターゲット、そのターゲット層に届くような販促活動方法、などを考慮して査定額を提示しているはずです。スラスラと回答できないようであれば、とりあえず査定しただけと思った方が良いかもしれません。業者の本気度を見極めてください。

選び方は人それぞれ!担当者との相性もありますが、物件との相性もしっかり確認

売却する不動産によっても、どの不動産会社に依頼するかは異なってきます。絶対に大手がいいと言う人もいますが、得意分野をしっかりと確認しておく必要があります。例えば大手に依頼したいなら、大京穴吹不動産は、取引の96%がマンションなのでマンション売却を依頼したら成功しそうですよね?これは地域密着型にお願いしたいという人にも当てはまります。

大手も地元密着型のどちらが良いかは不動産によって異なりますが比較する前に決めてはいけません。もし決めるなら、両方に話しを聞いた上で自分で判断すべきです。一括査定でも自分で来店してでも良いですが、必ず比較対象を作ってしっかり判断してください。

参考:不動産基礎知識:売る時に知っておきたいこと

不動産会社に依頼する際の基礎知識も参考になりますが、売却の流れであったり、相場のはなし、最終的に物件の引渡しまで詳しく書かれているのでとても参考になります。